ソフトB松田宣、グアム自主トレ公開「進化」誓う

[ 2019年1月15日 15:27 ]

プール・トレーニングを終えて熱男パフォーマンスする(右から)松田宣、周東、吉住
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(35)が15日、米グアムでの自主トレを公開した。昨年の自主トレは「若返り」をテーマに掲げていたが、今年は「進化」を掲げる。昨年は4年連続全試合出場、6年連続7度目のゴールデングラブ賞、自身初となるベストナインを獲得も、ポストシーズンでは調子を落とした。「常に結果を出して、打ちまくって試合に出続ける」と14年目のシーズンをにらむ。

 初めてプール・トレーニングを導入。2年目を迎える吉住晴斗投手(18)、周東佑京内野手(23)に対し、「陸で負けても、水では負けん」と約20メートルのプールでのダッシュや自由形などで“世界水泳”ばりの熱い戦いを繰り広げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース