元中日・立浪和義氏が野球殿堂入り エキスパート表彰で権藤博氏 脇村春夫氏は特別表彰

[ 2019年1月15日 17:00 ]

(左から)立浪和義氏、権藤博氏、脇村春夫氏
Photo By スポニチ

 2019年の野球殿堂入りを決める野球殿堂博物館の表彰委員会は15日、競技者表彰のプレーヤー表彰として元中日の立浪和義氏(49)、エキスパート表彰として元DeNA監督の権藤博氏(80)を選出。また、日本高等学校野球連盟元会長の脇村春夫氏(87)が特別表彰で殿堂入りし、同博物館で通知式が行われた。

 歴代8位の通算2480安打、歴代1位の487二塁打の記録を残し、「ミスター・ドラゴンズ」と呼ばれた立浪氏。「中日という素晴らしい球団、一つの球団で22年間やらせていただいた。全てに感謝の気持ちでいっぱい」と感謝を述べた。

 エキスパート表彰での殿堂入りとなった権藤氏は「今日は一世一代の晴れ姿。自分で自分を、謙虚に褒めてあげたい」。中日入団1年目の61年に429回1/3という驚きの投球回数で35勝を挙げ、最多勝、最優秀防御率、新人王、沢村賞などタイトルを独占。連投に次ぐ連投で「権藤、権藤、雨、権藤」と評されたが、69年限りで引退と現役生活は短かった。

 脇村氏は2002年11月、第5代日本高野連会長に就任すると、断絶状態にあったプロ・アマの関係改善に尽力。「野球はプロ・アマは一緒になって楽しくやるのが本来の姿。関係改善が認められたのは感慨深い」と話した。

 ▽野球殿堂 日本野球の発展に大きく貢献した人たちの功績を称え、顕彰することを目的に1959年(昭34)に創設された。プロ野球で功績のあった競技者表彰(プレーヤー表彰、指導者も対象にしたエキスパート表彰)と、審判員やアマチュアを含め球界に貢献のあった人が対象となる特別表彰がある。選出はいずれも投票で75%以上の得票が必要で、競技者表彰は取材経験15年以上の記者(約300人)が投票。今回で競技者表彰97人、特別表彰は107人となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース