立浪和義氏 殿堂入りで中日に感謝「たくさんの指導者に恵まれたおかげ」

[ 2019年1月15日 17:00 ]

<2019年野球殿堂入り通知式>元PL学園高校監督の中村順司氏と握手する立浪和義氏(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2019年の野球殿堂入りを決める野球殿堂博物館の表彰委員会は15日、競技者表彰のプレーヤー表彰として元中日の立浪和義氏(49)、エキスパート表彰として元DeNA監督の権藤博氏(80)を選出。また、日本高等学校野球連盟元会長の脇村春夫氏(87)が特別表彰で殿堂入りし、同博物館で通知式が行われた。

 候補入りしてから着実に票を伸ばし、5年目で殿堂入りを果たした立浪氏は「たくさんの指導者に恵まれたおかげで、この場所に立っていると思う」と感謝のコメントを口にした。

 PL学園では3年時に主将を務め、87年に甲子園春夏連覇を達成。同年ドラフト1位で中日に入団すると、引退するまでフランチャイズ・プレーヤーとして22年間プレーし「ミスター・ドラゴンズ」と呼ばれた。「中日という素晴らしい球団、一つの球団で22年間やらせていただいた。全てに感謝の気持ちでいっぱい」と話した。

 入団1年目の88年には、高卒ルーキーとしてセ・リーグ3人目の開幕戦スタメン出場。新人王を獲得した。通算2480安打は歴代8位。歴代1位の487二塁打と、外野の間を鋭く抜ける打球が持ち味で、97年にはサイクル安打を達成している。

 今年8月の誕生日で50歳。今後に向けて「微力ながら野球界のために、子どもたちに野球の楽しさを知ってもらいたい。子どもたちとたくさん触れあって、頑張っていきたい」と野球振興への思いを口にした。

 ◆立浪 和義(たつなみ・かずよし)1969年(昭44)8月19日生まれ、大阪府出身の49歳。PL学園では87年に主将として甲子園春夏連覇。同年ドラフト1位で中日に入団した。翌88年はセ・リーグ3人目となる高卒新人の開幕戦スタメン出場を果たし、新人王を受賞。03年7月5日の巨人戦で通算2000安打を達成した。通算487二塁打はプロ野球記録。ベストナイン2度、ゴールデングラブ賞5度。右投げ左打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース