広島・小園 合同自主トレで緊張 赤松から“プロ意識”注入

[ 2019年1月15日 12:39 ]

ノックを受ける広島・小園
Photo By スポニチ

 広島は15日、広島県廿日市市内の大野練習場で合同自主トレがスタートした。7日から新人合同自主トレをしていた新人8選手は、現役選手との初対面とあって、練習開始前には整列して自己紹介。ドラフト1位の小園(報徳学園)は、「緊張しました」と初々しかった。

 練習中には赤松から話しかけられる場面もあり、「意識とか動きも違いました。マネしていきたいです」と気を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース