巨人 丸、胸に刻む新井氏金言「分かっていることが大事」

[ 2019年1月15日 05:30 ]

トス打撃を行う丸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・丸は打撃フォーム固めに取り組んでいる。川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行い、打撃マシンで緩い球を打ち続けた。

 広島時代の先輩で昨季限りで引退した新井貴浩氏(スポニチ本紙評論家)からは過去に「調子の良いときが“10”としたら、(不調時に)どうしたら“10”になるか。それを分かっていることが大事」と金言を授かった。「今はいろんなことを意識しているが、シーズンでは1、2個の意識だけで。あとは自然に打てるようにしたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース