エキスパート表彰の権藤博氏「自分で自分を謙虚に褒めてあげたい」

[ 2019年1月15日 17:00 ]

<2019年野球殿堂入り通知式>あいさつする権藤博氏(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2019年の野球殿堂入りを決める野球殿堂博物館の表彰委員会は15日、競技者表彰のプレーヤー表彰として元中日の立浪和義氏(49)、エキスパート表彰として元DeNA監督の権藤博氏(80)を選出。また、日本高等学校野球連盟元会長の脇村春夫氏(87)が特別表彰で殿堂入りし、同博物館で通知式が行われた。

 現役時代は連投に次ぐ連投で「権藤、権藤、雨、権藤」と評された権藤氏は、エキスパート表彰での殿堂入りに「今日は一世一代の晴れ姿。自分で自分を、謙虚に褒めてあげたい」と喜びを口にした。

 「佐賀県鳥栖から、田舎者が一旗あげようとプロに入った」と権藤氏。中日入団1年目の61年に、429回1/3という驚きの投球回数で35勝。最多勝、最優秀防御率、新人王、沢村賞などタイトルを独占。しかし69年限りで引退と、酷使がたたって肩を痛めたために現役生活は短かった。

 73年からは中日、近鉄、ダイエーなどで投手コーチを歴任。自身の経験を元に、少しでも投手の選手寿命を延ばそうと、今では当たり前になっている「分業制」をいち早く導入した。

 98年からは横浜で監督を務め、チームを38年ぶりの日本一に導いた。「思えば選手に助けられた。選手に恵まれたと思う。運が良かった」。17年WBCでは侍ジャパンの投手コーチも務めた。80歳。「人がやらなかったことに興味を持ってきた。これからもハッとするような出会い、ハッとする瞬間を求めてやっていきたい」。そう話すと、会見場は大きな拍手に包まれた。

 ◆権藤 博(ごんどう・ひろし)1938年(昭13)12月2日生まれ、佐賀県出身の80歳。鳥栖からブリヂストンタイヤを経て61年中日入団。1年目に35勝を挙げて新人王、沢村賞を受賞した。打者としても通算18本塁打。最多勝2度、最優秀防御率1度。引退後は中日、近鉄、ダイエー投手コーチなどを経て、98〜00年に横浜監督。98年にチームを38年ぶりの日本一に導いた。17年WBCで侍ジャパン投手コーチ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース