西武ドラ3山野辺 居残り黙々スイング「打撃のスキルアップを」

[ 2019年1月15日 05:30 ]

西武・山野辺
Photo By スポニチ

 西武のドラフト3位・山野辺(三菱自動車岡崎)が新人合同自主トレ後に居残りで打撃練習を行った。

 「打撃のスキルアップを」と室内練習場でマシンを相手に約1時間、小学生から高校までともにプレーした楽天・茂木から受けた「大きく振れ」という助言を胸に、黙々と振り込んだ。ポスト浅村と期待される守備力に加え、打撃力の向上も目指す。5日目を終え「疲れを感じる」と話しつつも、体幹トレーニングでは自ら重負荷をかけて体をいじめ抜いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース