巨人 大江 成人式は「行っている暇はない」

[ 2019年1月15日 05:30 ]

3人で並んでトレーニングをする(手前から)西武・内海、巨人・今村、大江
Photo By スポニチ

 巨人・大江と今村はともに、ブルペンで捕手を立たせて投球練習を行った。

 15日に20歳を迎える大江は「行っている暇はない」と成人式には参加せずに練習。内海に教わった超速クイックに、カーブも交えて計33球を投じた。昨年末の台湾ウインターリーグでは中継ぎとして7試合に登板したが、昨季5勝の内海が抜けた穴を「(勝ち星で)埋めます。一番は初勝利を目標に掲げて」と、新成人の誓いを立てた。

 今村は8年目のシーズンへ、内海に教わった新球を交えて計31球を投じ「2桁勝利が目標。結果でしか恩返しができない」。日本シリーズでの投げ合いを夢見て「対戦したい。僕は打つ自信があるので」と冗談交じりに感謝の思いを口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース