“100キロ”の山の神!?DeNA 恒例新人山登りトップはドラ2伊藤裕 

[ 2019年1月15日 05:30 ]

新人合同自主トレ恒例の山登りで、トップでゴールしたDeNAのドラフト2位・伊藤裕
Photo By スポニチ

 新人合同自主トレ恒例の山登りが行われ、DeNAドラフト2位・伊藤裕(立正大)がトップで登頂した。ベイスターズ球場から標高133メートルの塚山公園まで約2・2キロ。タイムは計測しなかったが、最後の階段で猛然とダッシュした。

 ドラフト1位・上茶谷(東洋大)は2位で「ガチで走ったら余裕で抜いていた。競走じゃなかったんで1位を譲ってあげた」と話し「(伊藤裕は)“動ける100キロ”の山の神なんで」と余裕の表情。突っ込まれた伊藤裕はすぐさま「100キロいってない!95キロぐらい。絞れて見た目もスリムになってる」と必死に反論していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース