ヤクルトドラ1清水 ブルペンで50球「キャンプへ変化球投げる動作に近づいていけるように」

[ 2019年1月15日 05:30 ]

ヤクルトのドラフト1位・清水
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位右腕の清水(国学院大)が新人合同自主トレの第2クール最終日、3度目のブルペン投球で50球を投じた。

 立ち投げから最後の20球は捕手に膝をついてもらい、カーブ、ツーシームと初めて変化球も投じた。「1月も中旬になってきているので、キャンプに向けて変化球を投げる動作に近づいていけるようにしたい」。15日は休養日で「疲れも出てきているので、しっかり休みを取りたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月15日のニュース