ヤクルトが非公開練習 小川監督「選手の意識高める」、青木も合流

[ 2018年10月11日 17:50 ]

 リーグ2位でクライマックス・シリーズ(CS)進出を決めたヤクルトが、13日から始まる巨人とのファーストステージに備え、神宮球場で非公開練習を敢行した。

 冒頭から報道陣をシャットアウトして、打撃練習開始まで約1時間30分。サインプレーの確認やシートノックなどで、チームプレーを徹底した。

 小川監督は「キャンプと同じ、確認作業です。(非公開の理由は)選手の意識を高めるため」と説明した。

 また、左太腿裏痛でチームを離脱していた青木が、別調整ながらこの日から合流した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年10月11日のニュース