侍J稲葉監督インタビュー(2)打順は「固定観念持たない」、投手起用も臨機応変に

[ 2018年10月11日 19:00 ]

日米野球での必勝を誓う侍ジャパン・稲葉監督(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 11月に開催される「2018 日米野球」(9〜15日・東京ドームなど)に出場する侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が本紙のインタビューに答えた。4年ぶりの世界最強軍団との決戦へ、目標は全勝優勝と宣言。就任来掲げる勝利至上を強調した。2年後の東京五輪を見据えた実験も兼ねた中で、まず勝利を求めることこそ金メダルへの近道と説いた。(取材・後藤 茂樹)

 ――シーズン中に直接視察して、実際見てみたいなと思い選んだ選手はいるのか?

 「あの視察でというより、僕が1年間通して見ている中で、今回選んでいます。中日の笠原選手は特殊球というか、あのチェンジアップ。あれがメジャーリーガーにどこまで通用するのか。そういうところは楽しみにしたい。投手に限れば、左投手がこれからも大事になってくると思っている。左投手をしっかりと選んでいます」

 ――実際に中継ぎも含めて左投手を多く選んだが。

 「高梨投手や、松永投手も。高梨投手は非常に気持ちの強い子。シーズン中にちょっと調子を落としたんですけど、後半を迎えるにつれて非常に強い球をまた投げるようになった。成長してくれたのではないかと思います。松永選手も小久保監督の時に1度ジャパンに入ったことがあった。その時はまだ経験もそんなになかった。その時から強い球は投げているな、という印象はありました」

 ――抑えはチームとして一人に決めるのか?

 「球数制限もありますし、2日登板したら1日休みを取らないといけない。ルールでそう決められていますので。今回石山、山崎、松井と3人抑え候補を選びました。僕の中では山崎選手は一番抑えの候補ではありますけども。でも連投がなかなかできないルールなので。そういう場面になったら、この3選手の中でやっていこうかなと思っています。あと点差が離れたりすると、またそれは変わってきたりもしますので。後ろの投手はある程度臨機応変にやっていきたい。今回球数制限があるので。連戦になってきますし、考えることがたくさんあるなという感じです」

 ――野手の起用に関して。6試合あるが固まったメンバーでいくのか、均等に起用するのか?

 「捕手3人を除くと、野手は11人になります。その中で7人は守るということで、ある程度固めていかないといけないのかなとは思っています。でもいろんな可能性を持てるメンバーですので。いろいろ試しても面白いのかなと思っています」

 ――打順もいろいろ考えられるが?

 「そうですね、いろいろ試せるので。あまり固定観念を持たずに、いろいろやっていきたいなという部分ではあります」

 ――1番も選択肢が多そうだが?

 「まだこれからいろいろ考えないといけないんですけど。1番候補はたくさんいる。その試合でどうしたら組んだ打順で点数を取っていけるのかということも、いろいろ考えながらやっていきたいなと。いろいろな可能性を含めて。今年に限りましては、ある程度試せる年だと思っているので。いろんな打順をやってもらいながら、6試合進めたいなと思っています」

 ――山田と菊池の使い方は前回のWBCでも悩んだと思うが?

 「非常に難しいですね。山田選手はセカンドとDH、というところで。ある程度打つ方も戻ってきましたし。走る方も彼は足がありますので。菊池選手が先に出ることになれば、代走というところからもありますし。このあたりは2人うまく使っていこうかなと思っています」

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月11日のニュース