PR:

阪神・金本監督が今季限りで辞任 17年ぶり最下位…謝罪翌日に突然決断

ベンチで渋い表情の金本監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の金本知憲監督(50)が今季限りで辞任することが11日決まった。就任3年目の今季は142試合を戦って61勝79敗2分けで01年以来の最下位に沈んでいた。

 10日の本拠地・甲子園での最終戦は勝利したものの、試合後のセレモニーでは「私の力足らずのため、こういう結果に終わってしまい、心より謝罪とおわびを申し上げます」とファンに向けて謝罪していた。

 金本監督は2016年から指揮。1年目は4位、昨季は2位でクライマックスシリーズ進出を果たしたが、ファーストステージでDeNAに敗れた。

 ◆金本 知憲(かねもと・ともあき)1968年(昭43)4月3日、広島県生まれの50歳。広陵では甲子園出場なし。東北福祉大から91年ドラフト4位で広島に入団。00年に打率・315、30本塁打、30盗塁でトリプルスリー達成。02年オフにFA宣言し阪神に移籍。99年7月〜10年4月に1492試合連続フルイニング出場の世界記録を樹立した。04年打点王、05年MVP、ベストナイン7度。12年限りで現役引退。16年から阪神の指揮を執り、レギュラーシーズンの成績は16年4位、昨季は2位だった。

[ 2018年10月11日 11:29 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月24日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム