PR:

与田剛氏が中日新監督に決定 森監督は編成部門へ

与田剛氏
Photo By スポニチ

 中日の森繁和監督(63)が今季限りで退任し、後任に球団OBで楽天で投手コーチを務めた与田剛氏(52)が就任することが11日、分かった。この日取材に応じた白井文吾オーナーは与田氏について「しっかりしている」と評価。再建を託す決断をしたことを認めた。10日に白井オーナー、編成部の仕事も兼ねる森監督らが会合で要請し、与田氏は受諾したという。

 会合に同席した矢野博也球団社長は「チームを強くしてもらいたい。(与田氏は)非常に明るい顔をしていた」と明かした。森監督は編成部門で球団に残る。

 千葉県出身の与田氏は亜大から社会人野球のNTT東京(現NTT東日本)を経て1990年にドラフト1位で中日入り。1年目に31セーブを挙げ、最優秀救援投手と新人王を獲得。その後は日本ハムなどに所属し、2000年に引退した。

 指導者としては09年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表の投手コーチとして大会2連覇に貢献。16年から楽天の投手コーチを務めた。監督は今回が初めて。中日は6年連続で4位以下と低迷が続き、監督代行から正式就任した森監督が率いた2年間はともに5位だった。

[ 2018年10月11日 10:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月21日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム