こっそり監督室へ…ハム矢野 栗山監督への“おちゃめ”な気遣い

[ 2018年10月11日 08:28 ]

パ・リーグ   日本ハム5―4ロッテ ( 2018年10月10日    札幌D )

<日・ロ>引退セレモニー、胴上げ後に矢野と握手を交わす栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】日本ハム・栗山監督も代打で何度も助けられた矢野への思い入れは強い。一番の思い出を問われ「2年前かな…」と述懐した。

 16年はソフトバンクと最大11・5ゲーム差から逆転V。二刀流の大谷の起用法などで頭をフル回転させていた指揮官は、CS前に首や肩痛に悩んでいた。グラウンドでも頻繁に首を回すようなしぐさをする姿を見た矢野は、電動マッサージ器を購入し、こっそり札幌ドームの監督室へ。「変なことに使わないでくださいね」とメモも添えた。「あんなメモを付けるのも謙次らしい」と栗山監督。周囲に気を配れる男の引退セレモニーは、目に涙を浮かべて見守った。(日本ハム担当キャップ・山田忠範)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月11日のニュース