侍J稲葉監督インタビュー(3)日米野球6戦全て「勝ちにいきます」選手には「挑戦してもらう」

[ 2018年10月11日 19:00 ]

若手は日米野球で何かを得てほしいと語る侍ジャパン・稲葉監督(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 11月に開催される「2018 日米野球」(9〜15日・東京ドームなど)に出場する侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が本紙のインタビューに答えた。4年ぶりの世界最強軍団との決戦へ、目標は全勝優勝と宣言。就任来掲げる勝利至上を強調した。2年後の東京五輪を見据えた実験も兼ねた中で、まず勝利を求めることこそ金メダルへの近道と説いた。(取材・後藤 茂樹)

 ――大リーグ公式球を使うWBCと違い、五輪は日本のボールに感触が近いWBSC国際球が使用される。今回も侍ジャパン守備時はWBSC国際球が使われるが、それにより選んだ投手はいるのか?

 「岸投手はアメリカのボールが合わなくて、というのがありましたので。今年も岸投手は非常に調子も良かったし、成績もしっかり残ってますし。僕もたくさん対戦しましたけど、やはり初見ではなかなか打ちにくい。年齢もベテランでいろんな経験もしてますので、彼には非常に期待を持っています」

 ――動く球の攻略、という観点から選んだ選手はいるのか?

 「みんなどちらかというと広角に打てるので。逆方向にもホームラン打ったりできるので。動く球というのは凄く難しい。メジャーの動く球を若い選手含めて経験してもらいたいなと。これが打てる打てないではなく、ある程度経験してもらいたいと思っています」

 ――作戦面で動くというのを試すことは?

 「基本的にはスチールはフリーといいますか。ある程度スピード&パワーということで。僕も毎回言ってますけど、国際大会はなかなか走れないんですよね。投手もボークぎりぎりの線できたり。ジャパンに入ると“安全に、安全に”というところがあるんですけど、そこはどんどん仕掛けてもらって。スチールという部分はやってもらいたい。能力ある選手ばかりなので、全部任せるわけではないですが、ある程度技量を持っていますし。試合の中で、自分がどうしないといけないかというのをある程度分かっている選手たち。そんなにいっぱいサインを出して、ということはないと思います。もっとも勝つためにサインを出すことは当然あると思いますので。そこはいろいろやっていきたいです」

 ――6試合ある中での目標は?

 「とにかく全部勝ちにいきます。僕が常に言っているのは、日の丸を背負ってる戦いというのは全て勝ちに行くということが僕は第一だと思うので。全部勝ちにいくつもりでいきます」

 ――クリーンアップ候補が多くいる。6戦の中で何通りも試すのか、固定していくのか。

 「そこはまだ悩んでいる最中ですね。コーチといろいろ話し合って決めますけれども。僕の中では、いろいろ変えていきたいなとは思っています。ですが勝ちにいくという手前、流れというものがありますので。それがばっちりはまっていけばそれでいく場合もありますし。少しちょっと変えてみようかということもあると思います」

 ――先発投手は6試合6人で?

 「6人で回します」

 ――中継ぎに回る先発投手も?

 「います、はい。先発投手は(球数制限が)80球ですので。だいたい4回とか5回なので。それ以降、ある程度長いイニングも投げられて、というところで。先発投手でそちらに回るという投手もいます。先発6人はある程度、何となくは決めてますので。後ろは石山と山崎と松井と3人いますので。それ以外の投手で5回以降やっていくという形になっていきます」

 ――2番手は第2先発のイメージか?

 「そうですね、第2先発という考え方ですよね」

 ――選手たちには何を感じて、シリーズ通じて何を得てほしい?

 「メジャーリーガーの方たちと対戦できますので。自分の持っている力を、そこで思い切って勝負してもらう、挑戦してもらうと。その中で選手たちが何を感じるか。何が通用して、何が足りないかという部分を得てくれたらいいのかなと思います。来年プレミアがあるので、当然プレミアという大会も勝ちにいきたい。そこも含めて2年後のオリンピックまでの間に、何があって何が足りなくてというものを見つけてもらって、成長してもらえたらと思います」

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月11日のニュース