巨人・山口鉄 引退会見に杉内、村田氏らサプライズ登場

[ 2018年10月6日 05:30 ]

山口鉄(前列左から3人目)の引退会見に花束を手に訪れた(前列左から)菅野、内海、杉内、村田氏、(後列左から)宮国、沢村、坂本勇、長野(撮影・荻原 浩人)                                                                                                                               
Photo By スポニチ

 巨人・山口鉄也投手(34)が5日、都内のホテルで会見を開き、今季限りでの現役引退を正式に表明した。15年にプロ野球史上初の250ホールドを達成した鉄腕は「9月頃、ファームの試合でまた左肩を痛めてしまった。体の方も限界が見えてきた」と説明。近年は左肩の違和感に苦しめられ、今季は1軍登板がなかった。

 05年の育成ドラフト1巡目で巨人に入団し、08年から16年まで前人未到の9年連続60試合登板した「育成の星」。13年間のプロ野球生活を「本当にもうやりきったという気持ち」と振り返った。家族に引退の報告をした際、5歳の長男は「嫌だ!(野球をしている姿が)格好いいから」と泣き出したという。「今後は野球の楽しさとか感動を伝えられたらいい」と話し、球団内に何らかのポストが用意されるもようだ。

 会見後には同様に今季でユニホームを脱ぐ杉内と村田氏(BCリーグ・栃木)、現役では内海、長野、坂本勇、沢村、菅野、宮国が登場。全く知らなかった山口鉄に花束を渡すサプライズ演出もあった。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月6日のニュース