筒香 甲子園と相性悪いけど「球場がどうとか言っている場合じゃない」

[ 2018年10月6日 05:30 ]

練習を見つめるラミレス監督(左)と筒香
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香も決意を口にした。2日からのヤクルト2連戦は計3得点。打線が投手陣を援護できず痛恨の連敗を喫した。

 リーグ2位タイの38本塁打を放っている4番は「CS進出のチャンスがあるので、勝つ以外の気持ちはない」。6日の阪神戦の舞台・甲子園は、今季10試合で打率.205、1打点、0本塁打と相性は悪いが「球場がどうとか言っている場合じゃない」と語気を強めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月6日のニュース