アストロズ先勝 ワールドシリーズ連覇へ好発進 ドジャースとブルワーズは連勝

[ 2018年10月6日 17:26 ]

5回にソロ本塁打を放ったアストロズのアルトゥーベ(AP)
Photo By AP

 ワールドシリーズ連覇を目指すア・リーグのアストロズ(西地区)は5日、地元ヒューストンで行われた地区シリーズの初戦でインディアンズ(中地区)を7―2で下して先勝。2―0で迎えた5回、1番ジョージ・スプリンガー(29)と2番ホセ・アルトゥーベ(28)が連続本塁打を放って今季20勝を挙げていたインディアンズの先発コーリー・クルーバー(32)を攻め立てた。

 昨季のワールドシリーズでアストロズに敗れたナ・リーグのドジャース(西地区)は地元ロサンゼルスでの地区シリーズ第2戦に臨み、先発の左腕クレイトン・カーショー(30)が8回まで2本のヒットしか許さず無失点と好投。3―0で勝利を収め、5年ぶりにポストシーズンに駒を進めてきたブレーブス(東地区)に連勝した。

 2001年のナ・リーグ優勝決定シリーズ以来、プレーオフでは8シリーズ連続で敗退しているブレーブスは初戦(0―6)同様に打線が不発。2試合を終えてまだ1点も奪っていない。

 ナ・リーグ中地区をカブスとの優勝決定戦の末に制したブルワーズは、地元ミルウォーキーでワイルドカード・ゲームを勝ち上がってきたロッキーズ(西地区)に4―0で勝ってドジャース同様に2戦2勝。7年ぶりのシリーズ突破にあと1勝と迫った。

 ア・リーグ地区シリーズのもう1試合では、今季108勝を挙げたレッドソックス(東地区)が5―4でワイルドカード・ゲームの勝者ヤンキースに競り勝って初戦を白星で飾っている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月6日のニュース