金足農・吉田 10日プロ表明会見へ ドラフト1位競合必至

[ 2018年10月6日 04:00 ]

金足農の吉田
Photo By スポニチ

 金足農の吉田輝星投手(3年)が10日にプロ表明会見を行うことが決まった。5日、同校が発表した。

 当初、吉田は八戸学院大への進学一本に絞っていた。しかし、甲子園や日本代表でプレーする中でプロ入りへの思いを強くした。周囲からは進学を勧められる中、福井国体後に父・正樹さん(43)や金足農の中泉一豊監督らと会談。吉田の意思は固く、最終的に尊重された。4日夜には中泉監督から八戸学院大へ進学を辞退する申し出があり、同大・正村公弘監督も了承。同監督は「彼が下した結論。全力で頑張ってほしい」と話した。

 甲子園で全6試合に登板して881球、秋田大会から含め計1517球を投げ抜き準優勝。日本代表としてU18アジア選手権にも出場し、一躍スターとなった右腕。吉田本人も好きな球団に挙げる巨人、高卒ながら即戦力としても最上位に挙げるDeNAなどの評価は高く、25日のドラフト会議では1位競合は必至。10日に吉田がどんな言葉を発するか、注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月6日のニュース