阪神 延長戦サヨナラ勝ちで連敗が5で止まる 甲子園での連敗も8でストップ

[ 2018年10月6日 17:42 ]

セ・リーグ   阪神4―3DeNA ( 2018年10月6日    甲子園 )

<神・D>10回裏2死、サヨナラ安打を放つ島田(左は)投手・砂田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神が4―3でDeNAに延長10回サヨナラ勝ちを収め、連敗を5で止めた。甲子園での連敗も8でストップ。DeNAは3連敗を喫し、この日試合のない3位・巨人とのゲーム差が1・5に広がった。

 阪神は2回、1死から梅野、陽川の連続二塁打で先制し、3回には1死から島田が敵失で一気に二塁へ進むと続く福留の中前打で2点目。5回には1死から島田が右翼線三塁打を放つと、続く福留が中前へポトリと落ちる適時打を放って3点をリードした。

 7回に藤浪がソトに3ランを浴びて同点に追いつかれた阪神だったが、延長10回、先頭・梅野が右前へポトリと落ちる安打で出塁し、二塁盗塁に成功。森越の右前打などで2死一、三塁としてから糸原が申告敬遠され、2死満塁。ここで打席に入った島田がDeNA7番手の砂田からしぶとく一、二塁間を抜くサヨナラ打を放った。

 DeNAは6回まで阪神先発・藤浪に宮崎の2安打のみに抑えられていたが、0―3で迎えた7回、2死一、三塁からソトがバックスクリーンへ値千金の同点3ラン。2番打者のリーグトップに並ぶ39号弾で同点に追いついて延長戦に持ち込んだが、9回から登板した6番手のバリオスが延長10回にピンチを招き、最後は砂田が力尽きた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月6日のニュース