横浜 逆転サヨナラで慶応下し関東切符、小泉劇的2ラン「すごくうれしい」

[ 2018年10月6日 17:33 ]

秋季高校野球神奈川県大会準決勝   横浜2―1慶応 ( 2018年10月6日    平塚 )

<秋季神奈川県大会 横浜・慶応>逆転サヨナラ勝ちを決め、大喜びの横浜ナイン
Photo By スポニチ

 横浜が逆転サヨナラで慶応を下し、決勝に進出。秋季関東大会の出場権を獲得した。

 1点を追う9回1死一塁から1番・小泉龍之介外野手(2年)が左越えへ逆転サヨナラ2ラン。8回までチームで5安打に抑え込まれた慶応の右腕・田口義将投手(2年)を最後の最後で打ち砕いた。内角寄りの直球を振り抜いて値千金の一発に「この場面は思い切りいっていいと(平田徹)監督に言われたので、甘い球が来たら思い切り振ろうと思っていた。すごくうれしい」と仲間と抱き合って喜んだ。

 今夏甲子園3回戦・金足農戦では終盤に代打で出場したが、スクイズを失敗。結局逆転負けを喫しただけに、指揮官も「あのスクイズ失敗から良く成長した」とうなずいた。

 エース左腕・及川(およかわ)雅貴投手(2年)も12奪三振1失点完投と粘りの投球。「しっかり弱点をついて投げられた」と手応えを口にした。一方で打撃はミスも重なって大苦戦。平田監督は「攻撃は反省が9割。負けてもおかしくなかった。及川の我慢の投球につきる。しっかり鍛え直して関東大会に臨みたい」と猛省を促した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月6日のニュース