セ初CS中に…13日中日―阪神戦開催 “最下位決定戦”の可能性も

[ 2018年10月6日 05:35 ]

<神・中>選手交代を告げにベンチを出る金本監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 セ・リーグは5日、試合日程の追加を発表し、10日に阪神―DeNA(18時・甲子園)、13日に中日―阪神(14時・ナゴヤドーム)が入った。

 セでは初めてクライマックスシリーズ(CS)期間中にレギュラーシーズンの試合が組まれた。CSファーストステージ第1戦の熱戦の裏で今季最終戦を戦うことになる阪神の谷本修球団本部長は「裏開催は残念ですけど…」と声を絞り出した。阪神、中日の両軍が13日時点で5位以下で競っていれば、最下位決定戦となる可能性もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月6日のニュース