中日・森監督 根尾1位指名公言 異例の早さで他球団けん制、二刀流挑戦にも理解

[ 2018年10月6日 05:30 ]

大阪桐蔭の根尾
Photo By スポニチ

 中日・森繁和監督(63)は5日、25日のドラフト会議で大阪桐蔭の根尾昂内野手(18)を1位指名することを公言した。甲子園球場での阪神戦前に取材に応じ、「一番うちに必要な選手。是非、地元に近い中日で一花、二花咲かせてもらえたら」と岐阜県出身のスター候補獲得を熱望した。

 6年連続Bクラスに沈むチーム事情を踏まえ「うちはいろんな人が欲しい。内野、外野、投手ができて打撃に関しても良いものを持っている。体も丈夫」と野球センスを高く評価。二刀流挑戦については「うちに入ってくれるならば、いろんなことを球団が考える」と話した。10月上旬の1位指名公言は異例の早さ。指名競合が予想されるため「駆け引きですね」と不敵に笑い、他球団をけん制した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月6日のニュース