ブルワーズ イエリチ導いた延長10回サヨナラ レギュラーSから9連勝

[ 2018年10月6日 05:30 ]

ナ・リーグ地区シリーズ第1戦   ブルワーズ3―2ロッキーズ ( 2018年10月4日    ミルウォーキー )

ロッキーズ戦の10回にサヨナラ打を放ったムスタカス(左・18)を祝福するブルワーズの選手
Photo By 共同

 ブルワーズは延長10回サヨナラで初戦を制した。立役者は今季首位打者のイエリチだ。3回に中越えへ先制2ランを放ち、先頭打者で迎えた10回は四球で出塁して生還。全得点に絡み、決勝の右前打を放ったムスタカスも「彼がチームを引っ張っている」と称えた。

 自身初のポストシーズンでも躍動している26歳は「先週から既にプレーオフの雰囲気で、ビッグゲームが続いていた」と、レギュラーシーズンから9連勝となったチームの戦いぶりに胸を張った。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月6日のニュース