広島バティスタ 強烈V打「点が入って気持ちよかった」

[ 2018年7月31日 22:33 ]

セ・リーグ   広島6―3ヤクルト ( 2018年7月31日    神宮 )

6回無死一、二塁から決勝の適時二塁打を放つ広島・バティスタ (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 広島・バティスタが6回、左翼フェンス直撃の決勝適時二塁打を放った。

 鈴木、松山が出塁し、無死一、二塁の絶好機。「とにかく前へ飛ばすという気持ち」で打席に入ると、左翼へ火を噴くような強烈な打球を放った。「点が入って気持ちよかった。すごくうれしい」。

 27日のDeNA戦では満塁本塁打を放つなど、打撃好調のドミニカン。「とにかく練習を一生懸命やっているから、それが試合につながっている」と日々の努力が生んだ一打を誇った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月31日のニュース