【岡山】岡山学芸館 準Vも…涙にくれる選手称え「よくやりました」

[ 2018年7月31日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会岡山大会決勝   岡山学芸館2―10創志学園 ( 2018年7月30日    倉敷マスカット )

 岡山学芸館は準決勝まで防御率0・44の金村がつかまり、打率・371の打線も西の前に6安打2得点。8回には無死満塁の好機を築いたが、知念の右犠飛による1点に終わった。

 3年ぶりの甲子園出場はならなかったが、山崎慶一監督は「まぐれで準優勝はできない。みんなで積み重ねてきた結果。よくやりました」と涙にくれる選手を称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月31日のニュース