広島 球団史上最速8・2M点灯あるぞ 過去最速は8・8

[ 2018年7月31日 05:30 ]

広島の丸
Photo By スポニチ

 セ界首位を独走する広島は、31日から敵地でヤクルト、DeNAと6連戦。2位との直接対決に3連勝か2勝1分けなら、最短8月2日に優勝マジック42か43が点灯する可能性がある。

 偉業を達成する上での節目が迫ってきた。ナインは30日に上京。31日からは8・5差の2位・ヤクルトと直接対決に臨み、状況次第では最短8月2日に、優勝へのマジックナンバーが球団史上最速で点灯する。

 自力Vの可能性を残すDeNA、阪神の勝敗にもよるが、広島がヤクルトに3連勝した場合はマジック42が、2勝1分けだった場合には同43が、それぞれ点灯。ただ、頂点を極める目安の数字がちらついても、ナインは至って無頓着だった。

 「マジックは邪魔ですね。40なんていらない」。鈴木がそう言って笑い飛ばせば、丸は「選手は興味がないと思いますよ。マジックを意識して試合はやらないし、数字がどうこうなんて話題にもならないので」とナインの思いを代弁した。

 ベテランの言葉がわかりやすい。「毎年のことだからどうってことないし、対象の相手がいるから、ついたり消えたりするものだし」と新井。その上で、鈴木ともども「(気にし始めるのは)ひと桁になってからじゃないですか」と強調した。

 16年、17年の佳境が記憶に新しい。球団最速の8月8日にマジック33を点灯させた昨年は、3度に渡って消滅と再点灯を繰り返し、優勝決定は9月18日。一昨年は8月24日に同20を初めて点灯させると、1度も消えぬまま破竹の勢いで9月10日に歓喜を迎えた。

 対照的な道を歩んだ近年のVロード。丸は言う。「マジックがつこうがつくまいが、点灯しようが消滅しようが、ボクら選手がやることは変わらない」。新井も「目の前の試合に集中して戦うだけ。そこは変わらない」と言葉を引き継いだ。

 おぼろげながら見えてきた頂点の光。それでもナインは浮かれず騒がず泰然自若だ。心に刻む思いは一つ。一戦一戦、目の前の試合を全力で戦う――。敵地での6連戦でヤクルト、DeNAに引導を渡し、3連覇に向かって勢いを加速させる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月31日のニュース