マエケン、停電のアクシデント…5回途中で102球、4失点で6敗目

[ 2018年7月31日 15:22 ]

ナ・リーグ   ドジャース2―5ブルワーズ ( 2018年7月30日 )

ブルワーズ戦に先発する前田健太(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(30)は30日(日本時間31日)、本拠地で行われたブルワーズ戦に先発。4回2/3を投げ、7安打4失点で6敗目を喫した。

 初回に二塁打、四球、中安打で無死満塁のピンチを招くと、4番ショーに適時打を浴び失点した。後続は断ち切り最小失点でしのいだが、3回には2死から6番テムズに3ランを浴び追加点を許した。4回は無失点に抑え、5回2死一、二塁の場面でマウンドを降りた。

 この日は試合途中に停電するアクシデントがあったドジャースタジアム。前田は制球が定まらず、与えた四死球は3つだが5回途中まで102球を要した。4回2/3を投げ7安打4失点。打線も2得点と沈黙した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月31日のニュース