中日 大島の犠飛で京田が好走塁!5年ぶり「2ラン犠飛」記録

[ 2018年7月31日 19:25 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2018年7月31日    ナゴヤD )

<中・神>3回、1死満塁、大島が適時犠飛を放つ(投手・岩貞)(撮影・成瀬 徹) 
Photo By スポニチ

 中日が好走塁で貴重な追加点を叩きだした。

 1―1の3回1死満塁。大島の放った大飛球を中堅手・俊介が倒れ込みながらキャッチした。それを見た三塁走者のガルシアがタッチアップで本塁に生還し、まず勝ち越し。

 見所はここからだ。二塁走者の京田が三塁に向かって走ってくると、三塁コーチャーの奈良原内野守備走塁コーチがグルグルと腕を回す。それを見た京田は速度を緩めることなく三塁ベースを回り、一気に本塁へ突入。阪神の中継プレーは間に合わず、悠々とセーフになった。大島は「京田が素晴らしい走塁をしてくれた。2点入ってうれしい」と喜んだ。

 犠牲フライで2打点するいわゆる「2ラン犠飛」は、ロッテ・鈴木が13年9月15日の西武戦で記録して以来5年ぶり。京田の脚力があってこその珍しい記録となった。

 17年4月6日に広島・新井が中日戦の9回1死満塁で犠牲フライを放ち2点が入ったが、これは新井の犠飛による1打点と一塁走者の挟殺プレーの間の生還だったため、2打点ではない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月31日のニュース