平野、0/3回を1失点…四球と安打で降板

[ 2018年7月31日 14:52 ]

インターリーグ   ダイヤモンドバックス5―9レンジャーズ ( 2018年7月30日    フェニックス )

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は30日、フェニックスで行われたレンジャーズ戦で4―3の6回1死一塁から2番手で登板し、0/3回を1安打1失点、1四球だった。勝敗は付かず、防御率は2・33。チームは5―9で敗れ、連勝が3で止まった。

 平野は先頭のプロファーに四球を与え、続くチリーノスに中前打されて降板。後を継いだデラロサが適時打を打たれて1失点が記録された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月31日のニュース