【北神奈川】主力の多くが2年生…桐光学園「もう一度」

[ 2018年7月31日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会北神奈川大会決勝   桐光学園5―7慶応 ( 2018年7月30日    横浜 )

<慶応・桐光学園>力投する桐光学園・2番手の冨田(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 6年ぶりの夏切符はつかめなかった。桐光学園は8回に打者10人の猛攻で2点差まで詰め寄るも及ばず。野呂雅之監督は「あと1本が出てくれれば…。勝ちきれなかった」と肩を落とした。

 それでもこの日先発したエース右腕・谷村や「松井裕樹2世」こと左腕・冨田ら主力の多くが2年生。指揮官は「来年は状況判断力を高めたい。もう一度頑張る」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月31日のニュース