清宮 木製バット試行錯誤 栗山監督は「どういう球が来るか対処の問題」

[ 2018年3月13日 05:30 ]

日本ハムの清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムドラフト1位の清宮(早実)が、13日の広島戦(マツダ)でオープン戦初安打を狙う。

 ここまで7試合に出場し、19打席無安打(4四死球)で8三振。練習では重さや形状の違うバットを試すなど、木製バットに対応するため試行錯誤を続けており「試合で(バットを)いろいろと試したい」と語った。栗山監督は「打つ形が悪いわけではない。どういう球が来るか、対処の問題」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月13日のニュース