平野初被弾 33発アブレイユは二飛「簡単にいくと命取りに」

[ 2018年3月13日 05:30 ]

オープン戦   ダイヤモンドバックス5―6ホワイトソックス ( 2018年3月11日    グレンデール )

<ホワイトソックス・ダイヤモンドバックス>6回に登板、1回を1安打1失点だったダイヤモンドバックス・平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックス・平野は6回に3番手で登板し、オープン戦で初本塁打を浴びた。

 1番モンカダに2ボールから甘く入った速球を右中間に運ばれ「簡単にストライクを取りにいくと、ああいうふうになるし、命取りになる」と反省した。1イニングを1安打1失点。「相手チームで唯一、知っていた」という昨季33本塁打のアブレイユは慎重に攻めて二飛に仕留め「今日も勉強になった」と謙虚に話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月13日のニュース