Honda斎藤 最速149キロ 全12球団とフィリーズ視察

[ 2018年3月13日 05:30 ]

第73回JABA東京スポニチ大会第2日・予選リーグBブロック   Honda4―1明治安田生命 ( 2018年3月12日    岩槻川通 )

<明治安田生命・Honda>8回を5安打1失点(自責0)と好投したHonda・斎藤
Photo By スポニチ

 Hondaが昨年に続く決勝トーナメント進出を決めた。最速153キロのドラフト候補・斎藤が8回5安打1失点(自責0)の好投。走者を出しても5併殺でピンチを脱し「野手に助けられた。三振を取りにいって併殺打になった」と苦笑いした。

 全12球団とフィリーズのスカウトが視察する中、1メートル84の長身から投げ下ろす直球は最速149キロを計測。広島・高山健一スカウトは「大学時代より力強さがある。今後も見ていきたい素材」と評価した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月13日のニュース