PR:

西武 十亀 5回3安打1失点「内容はいいものがあった」

オープン戦   西武0―2中日 ( 2018年3月13日    小牧 )

力投する十亀
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りを確実にしている西武・十亀が中日戦に先発。5回3安打1失点の好投を見せた。

 4回に先頭・京田に右翼線二塁打。その後に1死三塁からアルモンテの左犠飛で失点した。「あそこは(カウントを)追い込んでから簡単にいきすぎた」と反省したが、「内容はいいものがあった。いいテンポで投げられた」と満足げに振り返った。

 自信の源の一つとなっているのが、今季から反則投球とならなくなった2段モーション。今春のキャンプで「最初は遊びでやっていたけど、“いいんじゃね!”となった」と取り入れた。左足を上げてから一度、ためを作って投げ込む。「バランスよく投げられるし、直球の質が良くなった」という。

 この日も無四球。愛知出身で、高校時代に「レフト前ヒットを打った記憶がある」という小牧市営球場での快投だった。

[ 2018年3月13日 18:13 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月23日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム