イチロー 古巣復帰後初得点 初安打ならずも四球後にホーム踏む

[ 2018年3月13日 13:49 ]

オープン戦   マリナーズ2―4ホワイトソックス ( 2018年3月12日    ピオリア )

<マリナーズ・ホワイトソックス>4回無死一塁、セグラの適時三塁打でスタートを切る一走・イチロー(左)
Photo By スポニチ

 マリナーズのイチロー外野手(44)が12日(日本時間13日)に行われたホワイトソックスとのオープン戦に「2番・左翼」で先発出場。古巣復帰初安打が期待されたが、2打数無安打1四球1得点という結果で、7回の守備から試合を退いた。

 イチローは前日の今季初実戦で3打数無安打2三振。2試合連続でスタメンに名を連ね、初回の第1打席は一ゴロ、6回の第3打席は二直に終わり、直後の守備からベンチに退いた。

 古巣復帰初安打とはならなかったが、イニングの先頭打者として迎えた4回の第2打席では四球を選んで出塁。続く3番・セグラの適時三塁打でホームを踏み、古巣復帰後初得点を記録した。

 試合はマリナーズが2―4で敗れ、これでオープン戦の成績は6勝11敗。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年3月13日のニュース