日本 逆転勝ちで3連覇王手 通算2勝1敗 日米大学野球

[ 2017年7月17日 05:30 ]

 第41回日米大学野球選手権は15日(日本時間16日)、米マサチューセッツ州ローウェルで行われ、日本は米国を5―4で破り通算2勝1敗とし、3連覇へ王手をかけた。2―4の8回に3点を挙げ逆転した。勝てば優勝となる次戦は16日(同17日)に行われる。

 シーソーゲームを制した。2点を追う8回に4番楠本(東北福祉大)が右越え2点三塁打で同点に。さらに辰己(立命大)が決勝の右犠飛を打ち上げた。第1戦で好投した阪本(関大)は、この日もビハインドの6回から救援して4イニングを無失点の好投。流れを引き寄せ、9回も3者凡退で締め「1点も与えられない思いだった。変化球でうまく打ち取れた」と気迫をみなぎらせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月17日のニュース