【西東京】明大中野八王子 中学の仲間対決は控えが投げ勝った

[ 2017年7月17日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権西東京大会3回戦   明大中野八王子6―5八王子実践 ( 2017年7月16日    ダイワ八王子 )

 中学時代のチームメートの投げ合いで控え投手が勝った。明大中野八王子(西東京)・後山が11安打5失点と苦しみながらも完投し、6―5で八王子実践に勝利した。

 後山は昨夏に左肘を疲労骨折し公式戦登板は1年ぶりだったが、相手先発の加藤は中学時代に「東村山中央ボーイズ」でエース。「絶対に負けたくない」と強い気持ちで投げ抜いた。加藤は6回6失点で降板したが、後山は「本気でぶつかってくれてありがとうと伝えます」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月17日のニュース