オリックス山岡 8回無失点の快投 完封へ「行きたい思いもあった」

[ 2017年6月30日 21:31 ]

パ・リーグ   オリックス3―0西武 ( 2017年6月30日    メットライフD )

<西・オ>8回無失点の好投で3勝目を挙げた山岡はファンの声援に応える
Photo By スポニチ

 オリックスの山岡が30日の西武戦に先発し、8回無失点の好投で3勝目。西武打線を8回までわずか2安打に抑える圧巻の投球だった。

 8回を投げ終えて110球。プロ初完封への期待もあったが「平野さんが抑えてくれると思って、安心して見ていました」と笑顔。9回のマウンドへ「少しは行きたい思いもありましたけど」と意欲は見せたが、「8回まで粘れたのでよかったです」とチームの勝利を喜んだ。

 「前半は四球が多かった」と振り返ったように序盤は制球難でピンチも招いたが、3回以降の6イニングは2塁すら踏ませない快投。「フォームを修正して、テンポよく投げられた」と修正能力の高さを見せつけた。

 チームは70試合目で自身も70イニングを消化。ちょうど規定投球回数に達し、防御率は2・70。ドラフト1位ルーキーは「今日のような投球ができれば、ファンの皆さんに喜んでいただける」と今後の抱負を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月30日のニュース