PR:

ハム新球場は天然芝の開閉式ドーム アジア一のボールパーク目指す

日本ハム新球場建設構想のスタジアム周辺
Photo By 提供写真

 日本ハムは29日、札幌市の球団事務所で会見し、本拠地移転による新球場建設構想を発表した。構想では、天然芝の開閉式ドーム球場を核に、国際競争力を持つライブ・エンターテインメントタウンとして「アジアNo・1のボールパーク」を目指すという。

 イメージ図も公開され、北海道の大自然と食の提供をテーマにホテルやオープンカフェ、ショッピングモールなどの施設も隣接する画期的な一大ボールパークとなっている。会見に臨んだタスクフォースのメンバー、三谷仁志事業統轄副本部長は「北海道が誇れるオリジナルな施設を目指したい」と説明。今後は構想を元に候補地の検討を重ねて、来年3月までに一定の方向性を出すという。

[ 2017年6月30日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム