ハム メキシコ代表外野手を獲得 栗山監督「プイグの雰囲気がある」

[ 2017年6月30日 05:30 ]

日本ハムが獲得したキューバ出身のヤディル・ドレイク外野手
Photo By スポニチ

 日本ハムは29日、キューバ出身のヤディル・ドレイク外野手(27)を獲得したと発表した。1年契約、年俸1500万円プラス出来高払いで背番号は52。走攻守そろった右の外野手で15年「プレミア12」にメキシコ代表で出場した。

 今季はメキシカンリーグで打率・385、14本塁打、61打点。投手経験もあるが、球団は外野手で起用する。ドレイクは球団を通じ「熱狂的なファイターズファンの皆さまの前でプレーすることを、今から待ち遠しく思います」とコメント。栗山監督は「(ドジャースの)プイグの雰囲気がある」と期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月30日のニュース