巨人ドラ2畠 7・5広島戦先発デビューか 大竹寛の代役

[ 2017年6月30日 05:30 ]

 巨人ドラフト2位ルーキー・畠が、7月5日の広島戦(マツダ)で先発デビューする可能性が浮上した。

 ローテーション通りなら大竹寛が登板予定だったが、出場選手登録を抹消されたことで、9連戦中の谷間を埋める投手が必要になった。畠は昨秋のドラフト後に右肘遊離軟骨除去手術を受け、ここまで慎重な調整を続けてきた。「課題はある」と話す右腕だが、最速155キロの直球は魅力で、23日に高橋監督ら1軍首脳陣が見守る前でブルペン投球を敢行した。今村らも候補に挙がるが、広島出身の新人が地元でデビューすることになりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月30日のニュース