菅野 10Kも2被弾4敗目 7回2安打3失点

[ 2017年6月30日 20:01 ]

セ・リーグ   巨人1―3DeNA ( 2017年6月30日    宇都宮市清原 )

<巨・D>7回1死一塁、ロペスに勝ち越し左越え2ランを浴びる菅野(左)
Photo By スポニチ

 巨人の菅野智之投手(27)が2本塁打を浴びて7回を2安打3失点で4敗目を喫した。

 4回、2番・梶谷に右翼席上段への先制ソロを被弾すると、1―1の7回には1死から3年ぶりに3番に入った筒香を四球で歩かせた直後に4番・ロペスに左翼席へ勝ち越し2ランを浴びた。

 菅野はここまで5連続を含む2桁10奪三振も、要所で高めに投球が浮き、2安打がいずれも本塁打となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月30日のニュース