ソフトB内川 幸運V撃 一塁当たり右前へ「抱きしめて寝たいくらい」

[ 2017年6月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―0日本ハム ( 2017年6月29日    ヤフオクドーム )

<ソ・日>初回2死二塁、内川が先制の適時打を放つ
Photo By スポニチ

 運、そして「塁」を味方につけた。ソフトバンクは1―0の辛勝を収めて4連勝。初回2死二塁で内川の打球が一塁ベースに当たって右翼へ転がり、幸運な決勝打になった。

 「一塁ベースを持って帰って抱きしめて寝たいくらい感謝している」とヒーローが笑う。2日に首を痛めて戦線離脱。27日に復帰してから初の打点が、貴重な1点となった。

 痛めたのは初めての箇所で、調整は手探り。出場予定だった2軍戦も雨で流し、ぶっつけで合流した。「球との距離感とかがもう少し」。それでも高い技術を誇る4番は復帰後の全3試合で安打をマークし、通算2000安打へ残り37本だ。

 首位の楽天に0・5ゲーム差とし、30日からは直接対決。毎日、患部の状態確認を義務づけられるが「うそをついても出たい」と言い切った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月30日のニュース