【山形展望】日大山形が一歩リードか

[ 2017年6月30日 05:30 ]

 昨秋、今春の県大会を制した日大山形が一歩リードか。森田、沼沢拓の二枚看板で打線も得点力がある。

 昨夏覇者の鶴岡東は住吉、小林一、今春県大会準優勝の羽黒も佐藤幸を擁し、投手力が充実。昨秋県大会準優勝の酒田南、今春4強の九里学園、山形商、山形中央も上位狙う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月30日のニュース