ロッテ「謎の魚」 5回終了後に登場 第3形態で披露したのは…?

[ 2017年6月30日 19:51 ]

パ・リーグ   ロッテ―日本ハム ( 2017年6月30日    ZOZOマリン )

5回終了時にグラウンドに姿を見せた魚にファンは喝采
Photo By スポニチ

 ロッテの新キャラクター「謎の魚」が30日に行われた日本ハム戦の5回終了後にフィールドに登場した。

 この日は強風のため、5回裏終了後恒例の花火は中止。しかし、ビジョンには水中で泳ぐ「謎の魚」のCGが現れ、直後に中堅後方のフェンスが開き第2形態が登場。リズミカルな音楽にノリノリで右翼方向に走ると、右中間部分で転倒し第3形態に“進化”した。

 しかし、初めて披露したときのような恥らう様子はなく、両手をぐるぐる回しながらキレキレのダンスを披露し、スタンドのファンの大歓声を受けた。音楽が鳴り止むと再び第2形態に戻って、駆け足で引き揚げていった。

 国内外で話題の「謎の魚」は、30日から球団公式ショップからグッズも販売されている。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月30日のニュース