また負傷者…ヤクルト雄平 右手骨折だった 全治未定、手術も

[ 2017年6月30日 05:35 ]

28日、巨人戦で右手を負傷し途中交代する雄平
Photo By スポニチ

 ヤクルトの雄平外野手(33)が29日、右有鉤(ゆうこう)骨骨折のため、出場選手登録を抹消された。

 全治は未定。手術の可能性もある。一般的に復帰には2、3カ月を要する。前半戦は絶望で、リハビリの経過次第では復帰が9月以降にずれ込む可能性もある。28日の巨人戦でファウルを打った際に患部に違和感を感じ、途中交代。一夜明け、都内で精密検査を受けた。川端チーフトレーナーは「あの一打で折れたと思う」と話した。報告を受ける前の真中監督は「結果次第だけど、一度抹消することになるでしょう」と覚悟していた。

 今季は主に4番に座り、打率・307、2本塁打、32打点。川端や畠山に続く、主力野手の離脱。今季は主力を中心とした負傷者の離脱が止まらない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月30日のニュース