チーム打率1割台 “不振”ロッテが集中打で5得点 辛島をKO

[ 2017年5月9日 14:58 ]

パ・リーグ   ロッテ―楽天 ( 2017年5月9日    宮城コボスタ )

<楽・ロ>4回2死二塁、左越えに適時三塁打を放つ伊志嶺
Photo By スポニチ

 試合前時点のチーム打率・185と不振が続くロッテ打線が楽天先発・辛島を攻め、4回途中までに5得点でKOした。

 まずは3回2死一、二塁から3番・細谷の左中間への適時三塁打で2点を先取。さらに4回にも2死から4連打。1番・荻野の左越え適時二塁打、2番・伊志嶺も同じく左翼への適時三塁打で3点を奪った。3本の適時打はすべて左翼・岡島のグラブのわずか上を越えた。楽天は序盤からの前進守備が裏目に出た。

 昨季9月1日オリックス戦以来の白星を狙う今季初先発のチェンが4回まで毎回のようにピンチを背負いながら無失点に抑え、4回を終了して5―0でロッテがリードしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月9日のニュース