フォームにズレが…ソフトB千賀 9日オリ戦先発へ「合わせて」

[ 2017年5月9日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2017年5月9日    ヤフオクドーム )

休日返上で練習に来た甲斐と笑顔で話をする千賀(左)
Photo By スポニチ

 5勝目を懸けて先発するソフトバンク・千賀が、ヤフオクドームのマウンドからキャッチボールを行い、調整した。

 本拠地初登板となった前回2日の西武戦は、6回2失点で勝利投手となったものの、自己評価は「ふがいないピッチング」。前々回の登板が北九州市民球場だったためマウンドの傾斜や硬さの違いから、フォームにズレが生じたという。「投げたい球が甘く入ったり、高く入ったりしたので、しっかり合わせていければ」と余念がなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月9日のニュース